羽毛布団やデリケートな高級衣類をクリーニングに出す時の注意点

毛布クリーニング

羽毛布団や高級衣類はとってもデリケートです。
 
クリーニングには、信用できる技術を持った会社に依頼したいですね。
 
でも、羽毛布団や高級なブランドモノの衣類のクリーニングってどうすれば?と思う方も少なくないはず。
 
ここでは、そんな特別な衣料品を宅配クリーニングに出すときの注意点をご紹介していきます。

羽毛布団クリーニングのチェックポイント

・穴が空いていないかどうか

羽毛布団は、キルティング加工がされていますが、穴が空いてしまっているものは羽毛が飛び出すおそれがあります。
 
クリーニングに出す前に、穴の有無を確認しておくことをおすすめします。

・高級な羽毛布団でも、生地が薄くなっているものは要注意

買った時は何万、場合によっては数十万円したという羽毛布団。
 
そんな布団は、大切に長年使うあまり側生地が薄くなっている場合があります。
 
穴の空いた布団同様、洗えないで送り返されてしまうことがありますので要注意ですね。

こんなに汚れてる布団

布団 汚れ
布団の洗い始めから洗い終わりまでの、汚れ違いです。(ふとんLenetより)
 
思ったより布団は汚れているもの、丁寧にクリーニングして長く使っていきたいですよね。

高級衣類のクリーニングのチェックポイント

・洗浄液のキレイさ

実は、ドライクリーニングの独特な石油の臭いは溶剤の臭いなのです。
 
しっかりと綺麗な洗浄液を使っているかという、管理体制にも気を配って業者を選びたいですね。
 
 
・断られるブランド品の衣類もある

代表的なのが、モンクレール。
事前に、お気に入りの一着をクリーニングできるか問い合わせをすると良いでしょう。

Lenet(リネット)なら、諦めていたデリケートなブランドモノも安心してクリーニングに出せます。
 
 
・クリーニング完了時のお届け方法

せっかく、キレイにクリーニングされても箱にギュウギュウ詰めになって配送されたのでは、意味がありません。
 
配送時の梱包の仕方にも、その業者の丁寧さ、品質が表れますね。
 
ネット上で、画像検索するとどんな荷姿で届けられるかわかるので、事前に調べておくと良いでしょう。
 
 
・せっかくなら、オプションをつけてクリーニングを

高級衣類などの大切な洋服は、お金を掛けてでも良い状態を維持したい。
 
そんなあなたには、標準のクリーニング以外にオプション仕上げ、加工の検討をおすすめします。
 
より、最高の仕上がりを目指すために、オプションも要チェックです。
 
 
・取り扱い不可の品目を確認しておく

せっかく送っても、取り扱い不可のものが含まれていると送料が発生してしまうことがあります。
事前に、確認しておきましょう。

羽毛布団、高級衣類クリーニングを任せるためのチェックポイントは多くありますが、しっかりと依頼前に意識しておくだけでトラブルを防ぐことができます。
よく、サービスのページを見て、わからない場合は問い合わせをすることが大切です。

→ 布団や毛布を出す時におすすめの宅配ネットクリーニング

→ おすすめの宅配クリーニング(保管付き)ランキングへ戻る