宅配ネットクリーニングとクリーニング店との仕上がりの品質・スピードの比較

宅配クリーニングと店舗の比較

宅配クリーニングとクリーニング店の仕上がりの違いについて

なぜ宅配クリーニングがおすすめなのか?を、店舗型のクリーニング店と比較して説明をします。

そもそも店舗型のクリーニング店には「2種類」ある

店舗型クリーニング店には、「チェーン店」「個人、小規模店」があります。
それぞれメリット、デメリットがあります。

(1)対応

対応に関しては、やはり「個人店、小規模店」が良いです。

そもそもクリーニング事業を行うには、国家資格である「クリーニング師」の資格が必要です。
個人店や小規模店であれば、実際にその技術を持った人が、服の状態を見て、どのように対応すれば良いのか判断してくれます。
洗い方や仕上げについても細かく説明してくれるでしょう。

それに引き換え、チェーン店などは一般的にアルバイト(レジ打ち、検品のみ)が担当しています。
実際にクリーニングをする技術を持ちあわせている人が受付に立っているケースは少ないでしょう。

(2)品質

品質に関しても、「個人店、小規模店」が良いです。

チェーン店はほとんど自社工場を持っています。
ただ、自社工場を持つクリーニング店は品質的に安心なのでしょうか?
大量に一気に作業をすることで、その分料金が安く済むだけで、必ずしも安心とは言えません。

複数の店舗から集められたクリーニング品には、タグが付けられ分類されます。
それらは、クリーニング品を預けた店舗ではなく、工場でクリーニングから仕上げが行われます。

自社工場でのクリーニングだとしても、先ほど申し上げた通り、チェーン店での衣類の受け渡しはクリーニングのことを知らない人材が行うので、生地の痛みやチヂミ、汚れなどあった時の対応が遅れがちになります。
店舗によっては、再度の仕上げをしてくれないということもあるので注意が必要です。

その点、個人店、小規模店は実際にクリーニングを行う人が服の状態を見るので、それにあった洗い方、仕上げ方をしてくれることもあり、品質的に安心と言えるでしょう。
ただし、その分料金がチェーン店より高くなることは否めません。

【補足】:ドライクリーニングについて
ドライクリーニングで重要なのは溶液(溶剤)
dry_youzai

    
ドライクリーニングの乾燥をする時に、しっかりと個別にネットに入れなかったことにより風合いがよく無くなる。
そんな問題もあるケースもあるので、しっかりと業者を選びたいですね。

クリーニングに出すものといえば、ワイシャツの次に多いのがドライ品。
最近はドライマークがついていても洗えるという洗剤が販売されていますが、ホームクリーニングでお気に入りの一着を台無しにしてしまったというような経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

実際にあった失敗談で、チェーン店で失敗し、小規模の個人店へ持っていった方もいました。
この方は、結局現在は宅配ネットクリーニングを使われています。

(3)時間

逆に時間に関しては、「チェーン店」のほうが良いです。

朝に出して、夕方には仕上がり受け取りというチェーン店ならではのスピード感は、個人店、小規模店ではできません。
それを低料金で行えるのは、やはりチェーン店の魅力だと思います。
仕上げが早いのを売りにしているチェーン店は多いです。
(どこに行ってもよく見かけますよね)

ただし、値段が安いチェーン店だと意外と仕上がりまでの日数がかかります。
また、安い料金を掲げているお店の中には、仕上がりまで3〜5日程度時間がかかるところもあります。

いくら安くても、意外とすぐに引き取れないということで困った方も多いのではないでしょうか。

チェーン店と個人店、小規模店の良い部分を「いいとこ取り」=「宅配クリーニング」

対応、品質、時間のすべていいとこ取りしたのが、「宅配クリーニング」になります。

不安要素としては、以下のようなことが挙げられると思います。
・顔が見えない
・周りで使っている人がいない

でも、安心してください。
その不安に対してしっかりと対応してくれる宅配クリーニングサービスが存在しますので、以下でご紹介したいと思います。

おすすめの宅配ネットクリーニング業者

リナビス
リナビス 宅配クリーニングリナビスは、55年続く老舗クリーニング店。

会員は10000名様限定で、初回限定「クリーニング5点コース」5,900円(往復送料無料)〜とお客様を大事にしたサービスを提供しています。

自然乾燥や職人による仕上げなど人の手を介しておこないます。

おせっかいおばちゃんが手間を惜しまずキレイに仕上げて全国に配送してくれる宅配クリーニングです。

衣類は最長6カ月間無料保管のサービスもあります。

せんたく便
せんたく便 TOP画像せんたく便は、送料コミコミのパック料金があります。
 
ダウンもコートも1点当たり485円!10点までで5,092円。一部地域をのぞいて配送料は無料です。
 
リピート割引という会員割引、保管サービス付きのパックもあります。
 
30点で17,780円(税別)というリーズナブルなせんたく便30保管パックはまとめて出したい時におすすめです。最長9ヶ月間保管してくれます。
 
実店舗がある強みが感じられるサービスです。

Lenet(リネット)
リネット 新ロゴマークリネットは、ワイシャツは1枚203〜290円(キャンペーン有無による)。
 
保管サービス(Lenet保管)なら、7点、12点、18点パックが用意されているのでワンシーズンの衣類もラクラク保管ができておすすめ。
 
最大8ヶ月間空調管理のもと預かってくれます。
 
月額わずか390円のプレミアム会員(入会無料)に入るのがおすすめ!とても安く利用できるようになります。
 
ポイントをためて特典がつきます。

イオン
aeon保管サービスが標準でついている、便利な宅配クリーニングを展開しているイオン。
 
送料を含んでのパッケージは、ネットスーパーやお近くのイオンで購入できます。
 
着払い伝票と専用袋が入っているのですぐに梱包をして引き渡しができます。
 
普段の買い物はネットスーパーという方や、イオンの利用頻度が多いならば便利でおすすめのサービスですね。
 
保管は温度・湿度管理のもと最長9ヶ月間です。

白洋舎
白洋舎長い歴史を持つ、白洋舎にも宅配クリーニングのサービスがあります。
 
らくらく宅配便は、店舗と同様のメニューが提供されており、保管料を支払うことで保管もしてもらうことができます。
 
スーツ上下400円(税抜)から保管ができておすすめです。4カ月~1年間の間で保管期間を指定出来ます。
 
店舗では、うららか会員サービスという会員制度もあるようです。配送料金は1600円となっています。