宅配クリーニングサービス「リネット」が3億円と4億800万円の資金調達

ホワイトプラス

業界初のネット完結型宅配クリーニング「リネット」は、2016年9月に会員数が20万人突破し、共働き家庭や独身のビジネスパーソンなど日々忙しく働く方々を中心に支持されています。

こうした背景には、リネットを運営するホワイトプラス(英:WHITEPLUS, Inc)が、2009年に創業して以来、過去に2度の資金調達に成功していることが大きいと言えます。

1度目は2013年8月にジャフコから3億、2度目は2015年2月にYJキャピタルから4億800万、総額7億強の資金調達をしています。

これらの資金調達があった結果、リネットの強みである「品質のこだわり」と「顧客の利便性向上」が高く評価され、会員20万人突破という多くの支持が得れたと言えるでしょう。

また、ホワイトプラスは、さらなる経営基盤の強化、人財の獲得、プロダクト・サービスの改善など業容拡⼤を図かり、人々の生活インフラとしてのサービス実現を目指していく方針です。

ネットで完結する新しいクリーニングは、クリーニング業界に新しい風を吹かせ、ライフスタイルが多様化しつつあるネット時代の今、家事の代替としてだけでなく、スマートなライフスタイルの選択の1つとしてますます認知され支持されていくでしょう。

そしてリネットは、今年4月からラジオコンテンツやWEBマガジンをスタートさせ、クリーニングをライフスタイルに取り入れる楽しさを発信し、洋服のケアパートナーとして「長く大切にする」ライフスタイルを提案していく予定です。

・ファッションECと衣類のアフターケアサービスを連携
エル・ショップへ「アパレルケアプログラム」を期間限定で提供

 

そんなリネットのサービス詳細はこちらをチェック!